教員紹介

成田 延幸
Narita Nobuyuki

所属・肩書

臨床薬学科/薬剤学研究室、実務実習センター(准教授)

最終学歴

北里大学薬学部 製薬学科

取得学位

薬学士

所属学会

日本薬学会、日本医療薬学会,日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、東京都病院薬剤師会、東京都薬剤師会、医薬品情報学会、薬剤疫学会

現在の専門分野

医療現場のニーズに応えられる臨床薬剤学

現在の研究課題

●がん化学療法と緩和医療
●医薬品情報とその評価

最近の研究業績

1.成田延幸、難波昭雄、苑田京子、小松一、飯塚徹、荒木麻由、鷲見正宏:薬学生の注射調剤実習を行って、第18回医療薬学会、9月、札幌(2008)

2.成田延幸、難波昭雄、苑田京子、小松一、飯塚徹、荒木麻由、鷲見正宏:薬学生の注射調剤実習を行って~アンケート調査から~、2008かながわ薬剤師学術大会、11月、横浜(2008)

3.成田延幸、荒木麻由、難波昭雄、小松一、佐伯憲一、黒岩美枝、水島規子、鷲見正宏:医薬品の安全性情報に関する日米での動向、日本薬学会第129年会、3月、京都(2009)

4.飯塚 徹、小松 一,成田延幸,難波 昭雄,鷲見 正宏:横浜薬科大における漢方調剤実習について、日本薬学会第129年会、3月、京都(2009)

5.小松 一,小松信子、成田延幸,難波 昭雄,荒木麻由、鷲見 正宏:幼児の突発性発疹による高熱・発疹に井穴刺絡が有効であった、第18回日本刺絡学会学術大会、6月、東京(2009)

6.成田延幸、荒木麻由、難波昭雄、小松一、黒岩美枝、鷲見正宏:横浜薬科大学における薬剤師職能の紹介、日本病院薬剤師会関東ブロック第39回学術大会、8月、長野(2009)

7.成田延幸、荒木麻由、難波昭雄、苑田京子、桑原弘行、佐伯裕美、水島規子、黒岩美枝、佐伯憲一、瀧川真美、鷲見正宏:薬学生の抗がん剤調製実習を行って、第19回日本医療薬学会年会、10月、長崎(2009)

8.苑田京子、成田延幸、難波昭雄、荒木麻由、佐伯裕美、桑原弘行、佐伯憲一、瀧川真美、鷲見正宏:横浜薬科大学における注射剤実習の取り組み、第19回日本医療薬学会年会、10月、長崎(2009)

9.成田延幸、荒木麻由、難波昭雄、瀧川真美、水島規子、佐伯憲一、鷲見正宏:医療用医薬品添付文書記載の個別化因子についての調査、日本薬学会第130年会、3月、岡山(2010)

10.成田延幸、難波昭雄、荒木麻由、瀧川真美、山本優子、五十嵐俊、鈴木隆明、高尾良洋、鷲見正宏:処方せんの薬用量1回量記載への添付文書の対応状況~薬効分類別その1:抗生物質製剤、日本病院薬剤師会関東ブロック第40回学術大会、8月、東京(2010)

11.成田延幸、横山正人、飯田啓子、瀧川真美、難波昭雄、荒木麻由、鷲見正宏:添付文書による腎機能へのリスク評価の試み~解熱鎮痛消炎剤の相対的な評価、第4回日本腎と薬剤研究会学術大会、10月、横浜(2010)

入試情報 ADMISSION