教員紹介

渋谷 昌彦
Shibuya  Masahiko

所属・肩書

実務実習センター(准教授)

最終学歴

明治薬科大学 大学院博士課程(臨床薬学)修了

取得学位

博士(臨床薬学)

所属学会

日本病院薬剤師会、神奈川県病院薬剤師会

現在の専門分野

臨床薬学

現在の研究課題

●アカンプロサートの断酒効果と血中カルシウム濃度の関係性についての検証的研究
●がん専門施設との連携とがん化学療法について

主要研究業績

●網膜色素上皮細胞増殖因子REF-1/TFPI-2の機能解析
●肝障害患者における尿中6β-hydroxycortisol/cortisol比の変化と肝機能指標との関係に関する研究
●薬・薬連携の向上を目指した研修教材の試作とその評価

最近の研究業績

1.Proteomic and transcriptomic analyses of retinal pigment epithelial cells exposed to REF-1/TFPI-2. Shibuya M, Okamoto H, Nozawa T, Utsumi J, Reddy VN, Echizen H, Tanaka Y, Iwata T.Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Feb;48(2):516-21.

2.Purification, molecular cloning, and expression of a novel growth-promoting factor for retinal pigment epithelial cells, REF-1/TFPI-2. Tanaka Y, Utsumi J, Matsui M, Sudo T, Nakamura N, Mutoh M, Kajita A, Sone S, Kigasawa K, Shibuya M, Reddy VN, Zhang Q, Iwata T.Invest Ophthalmol Vis Sci. 2004 Jan;45(1):245-52.

3.REF-1の機能解析: Applied Biosystems 1700 ケミルミネッセントマイクロアレイアナライザを用いた網膜色素上皮細胞増殖因子 REF-1 の機能解析 岩田岳、渋谷昌彦、バイオビート http://www.appliedbiosystems.co.jp/website/jp/biobeat/top.jsp 日本アプライドバイオシステムズ株式会社 2004

4.Reduced urinary 6beta-hydroxycortisol to cortisol ratios in patients with liver cirrhosis. Shibuya M, Echizen H, Kubo S, Tamura N, Suzuki K, Ushiama H, Ohnishi A.Hepatol Res. 2003 May;26(1):28-33.

5.薬.薬連携の向上を目指した疾患別研修教材の試作とその評価(続報) 久保鈴子, 秦原健, 加賀谷肇, 永田泰造, 中田栄子, 増原慶壮, 渋谷昌彦, 張替ひとみ, 植木明廣, 高橋隆一, 徳山尚吾, 山元俊憲, 内山充, Jpn. J. Pharm. Health Care Sci. 一般論文 29(4) 427-437(2003)

6.薬・薬連携の向上を目指した研修教材の試作とその評価(第1報)  ―チヤート万式で表現した症例の理解と有用性について― 久保鈴子, 桑原健, 加賀谷肇, 永田泰造, 中田栄子, 増原慶壮, 渋谷昌彦, 張替ひとみ, 植木明廣, 高橋隆一, 徳山尚吾, 山元俊憲, 内山充, Jpn. J. Pharm. Health Care Sci.ノート 28(4) 353-359 (2002)

著書及び総説

1.症例チャートからみる服薬指導ガイド2005-06(分担執筆)薬局別冊 2005年8月臨時増刊号 vol.56南山堂

2.こんなときどんな薬をどう使うか–身近な症状・病気と治療–(分担執筆)2002年

入試情報 ADMISSION