臨床薬学科

臨床薬学科

バイオテクノロジーの進歩により、分子レベルでの生命現象解明が進む中、この先いつしか遺伝子操作により人格や個性までもがかえてしまうかもしれないまでに、医療技術は進化しています。そんな中、技術が高まれば高まるほど、それを取り扱う技術者のモラルが重要視されています。こうした最新の技術に対応する知識はもちろん、使用にあたってのモラルと責任感を持つ薬剤師の育成-それこそが本学科の目的です。

 

これからの薬剤師の役割として、一人ひとりの患者と向き合い、あらゆる手法を駆使し一般市民への薬剤知識の啓蒙活動までもが含まれます。
そして病院での医療支援者としての役割、さらには糖尿病やがんなど個々の疾病に対応できる薬剤師の特化など、患者さんに直接接し、会話の出来る薬剤師が必要とされています。
学科長紹介
田邉 由幸 教授

田邉 由幸

Tanabe Yoshiyuki

臨床薬学科/薬理学研究室 (教授)

プロフィールへ

 

医療チームや地域医療活動で活躍する薬剤師を目指して

 情報社会の発展や高齢化による社会構造の変化に伴い、国民一人一人の健康意識の高まりともに医療への一層の期待と注目が集まっています。医療・医薬品が高度化・精密化・複雑化する今日、臨床現場で薬剤師が担う役割は益々重要なものとなってきています。

 本学の教育理念「個性の伸展による人生錬磨」は、まさに薬剤師に求められる資質の本質であり、生涯を通じた自己研鑽による薬学教養基盤の充実と薬剤師実践力の向上に繋がることが期待されています。大学生活では、臨床で活躍する薬剤師としての自己実現の希望と目標を常に意識し、新たなことを知る・身につける喜びを感じながら学んでいただきたいと思います。

 薬剤師は「広い科学的な思考力に基づく問題解決能力をもつ医療人」であり、臨床現場では科学に裏付けられた薬物療法への貢献が求められるとともに、収集した様々な医薬品情報を正しく評価し(評価科学・レギュラトリーサイエンス)、患者情報を的確に把握し、チーム医療における適切な医療コミュニケーションを通じて、医療チームと患者様に全人的な視点を持って還元する使命があります。薬物療法の基盤となる薬理学・薬物治療学・病態生理学・薬物動態学・薬剤学などの薬学専門科目の習得はもちろんのこと、他の医療職との連携に繋がる様々な臨床・実践科目や実習・社会活動を経験し、将来は医療チームや地域医療活動で活躍する薬剤師の資質を養っていただきたいと思います。