受験生の方

教務部長の挨拶

篠塚 達雄 教務部長

澤木 康平

Sawaki Kohei

教務部長 / 薬学博士 
薬物治療学研究室 教授 
日本薬理学会 学術評議員 日本歯科薬物療法学会 評議員 


今、求められる薬学教育の実践を


近年の薬学の進歩には目をみはるものがあります。かつて天然物の有効成分単離から始まった薬の創製は、現在では遺伝子レベルにまで掘り下げられた研究に基づいています。ゲノム創薬では、各人の体質に応じた「個の医療」に対応できる段階にきています。さらに、iPS細胞の応用によって、治療や薬の開発において飛躍的な時代を迎えています。
一方、古来より使用されてきた漢方薬については、科学的解明研究の進展も著しく、医療の現場で欠かせない医薬品としてその有用性が評価されています。
また、今後ますます高齢化が進む社会においては、病気にならないように体調を整える予防医学やセルフメディケーションの重要性が叫ばれています。


6年制健康薬学科・漢方薬学科・臨床薬学科では、6年間の教育カリキュラムの中に教養科目、専門科目、実務実習、卒業研究などを組み込み、薬剤師として必要な知識、技能、態度を身につけさせています。本学の6年制薬学科では、「長寿医療」、「食品機能学」、「本草学」、「基礎漢方処方学」、「リスクマネージメント論」、「高度先端医療論」など健康薬学科、漢方薬学科、臨床薬学科それぞれに関連する学科専攻の科目を取り入れ、時代のニーズに応えられるように教育カリキュラムを組み立てています。


4年制薬科学科では、創薬研究、技術者をめざした人材の育成を考えた教育カリキュラムを構成しています。本学ではまた、各教員が学生と向き合うことを大切にして教育現場に臨み、学生の教育意欲を高め、教育成果をあげることに力を入れています。
薬科大学の目的は、薬学の知識を身につけた人材を育成するだけではなく、医療人としてふさわしい見識、倫理観、人間観、生命観をもった心豊かな人材を育てることは非常に大切なことです。本学では「こころ豊かな医療人」を育成するために、薬の本質と薬学の使命、医療人としての責任感と心がまえを養成する「こころの教育」の実践に努めています。