大学院案内

大学院薬学研究科

薬学研究科の目的

建学の精神である「個性の伸展による人生練磨」を教育理念とし、薬学の学術理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、深い学識及び卓越した能力を培い、もって、文化の進展に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的としています。

 

大学院教育の特色(個の医療に基づく大学院教育)

現代の医療の基本は、個の治療であり、創薬段階においてはもとより治療の段階でも多くの生化学検査が実施され、今や個人を特定できる遺伝子までもが、処方のための個別化を目的に検査の対象となっています。その個別化の目的は、薬効のみならず、副作用の軽減をも期待するものであり、この個の治療の概念は、今や創薬初期段階にまで遡り、薬効・副作用の予測技術としてますます重要になってきています。

本学では、大学院薬科学専攻修士課程及び薬学専攻博士課程において臨床薬学領域を設置し、“個の治療”の概念に基づいた、患者間の違いの解析及び治療効果予測技術の教育・研究を強化しています。また、漢方医療を主軸とする伝統医療や食事療法に着目し、現代薬学と連結させることにより、健康と病気の中間段階の「未病」を現代医療の観点から検出し、着実に健康状態へ回復させることを目標に、大学院において研究・教育体制の充実を図っております。

 

研究科長あいさつ
篠塚 達雄 教授

研究科長:篠塚 達雄

薬学博士

病態生理学研究室教授

本学の大学院(薬学研究科)では、惻隠の心を持って多様化する精密医療に於ける新たな課題を研究し、最適な薬物医療を個々の患者に施すことが出来る能力を養成するため、医薬品を創る<薬科学専攻>と医薬品を使う<薬学専攻>を設置して学部における薬科学、健康、漢方、臨床の特色を大学院に繋げ、基礎薬学そして健康状態から未病を経て疾患に至る、幅広い研究領域で活躍できる研究者・科学者を育成します。