お知らせ

「子ども薬剤師体験セミナー」開催

2016-08-18

子どもアドベンチャー2016「子ども薬剤師体験セミナー」を開催しました

 

 横浜市教育委員会では、夏休みを体験学習等の一つの機会ととらえ、市内在住の小・中学生を対象に、「働く」体験・「人との交流」機会・「子どもの夢を親子で語り合うきっかけ」をテーマに、さまざまな仕事を見学・体験できる「子どもアドベンチャー2016」を開催しました。
その一つとして、横浜薬科大学と横浜市薬剤師会の共催で「第6回子ども薬剤師体験セミナー」を8月18日(木)に本学で実施いたしました。今回も非常に多くの方からご応募いただき、抽選の結果、午前と午後の2回で計60名の小・中学生が参加しました。

 

「子ども薬剤師体験セミナー」は、講義を通じて薬剤師の仕事や医薬品について学び、実際に白衣を着て手を洗い、水剤・散剤の調剤、錠剤の一包化等を約2時間で体験していただきました。

 

体験を終了した子どもたち全員に、「子ども薬剤師認定証」が授与され、「実際の調剤と同じ器具を使った体験ができて楽しかったです」という声が多く聞かれました。

 

まずは薬剤師のお仕事を学びます 子ども薬剤師体験セミナー、スタートです! 薬剤師の白衣は似合うかな? 水面のメモリに注目です(水剤の体験) こぼさないよう慎重に (散剤の体験) 薬の袋に書きこむ内容も大切です(錠剤の体験) 薬を包む袋の機会に興味津々です(一包化の体験) 今回も大盛況のうちに終了しました