お知らせ

大類特任教授が10月に東京で開催される国際学会で講演を依頼されました

2019-07-18

本学薬品化学総合研究センター センター長の大類特任教授が10月に東京で開催されるGlobal Conference on Nanomedicine, Nanobiology, Nanotechnology & Pharmacology(SciTec Nanoscience-Pharmacologyu 2019)からVice-President とPlenary Lecture を依頼されました。

これは大類特任教授が分子設計・合成を行い、満屋弘明教授グループが生物学的評価を行い現在米国メルク社が臨床試験を行っている非常に優れた抗HIV(エイズ)薬EFdAが世界中で注目されています。

大類教授の学会での講演の成功と、EFdAのFDAによる早い承認を願っています。

 

 

 

大類 洋 特任教授のプロフィール