お知らせ

平成28年度 第26回市民公開講座を開催いたしました

2016-10-22

 

平成28年10月22日(土)、第26回市民公開講座を開催いたしました。

今回は「薬の働く身体の仕組み」というテーマで、薬理学研究室 田邉由幸教授が「副作用」を逆手に取った「薬理作用」の巧妙な仕組みについて講演しました。サバやイカを例としたアレルギーへの反応のお話や、血圧に関する薬の話など、生活に身近な薬と身体の関係に耳を傾ける方が多く聴講されておりました。

多くの方々にご参加いただき、有難うございました。

今後とも、社会貢献の一環として、地域の皆様のお役に立ちたいと思っております。

秋の涼しさを感じる日にご参加いただきました  講義室がいっぱいになる盛況ぶりでした 篠塚教務部長のご挨拶 田邉由幸教授  身近な例を出しながら薬の働き方の話が進みました 

[田邉 由幸 教授(薬学博士) プロフィール]
1986年(昭和61年)明治薬科大学・薬学部卒
明治薬科大学大学院・薬学研究科博士前期課程修了
博士(薬学)(東京大学)
帝京大学生物工学研究センター基礎部門Ⅰ教務職員
静岡県立大学薬学部助手
岩手医科大学薬学部准教授
2015年(平成27年)〜 横浜薬科大学薬学部教授

 

次回は、平成29年2月上旬に「健康になるための漢方および食養生」をテーマに、漢方薬物学研究室 喩静准教授の講演を予定しております。是非ご参加下さい。お待ちしております。

詳細は、12月下旬頃に本学のホームページにてお知らせいたします。

≫喩静准教授のプロフィールはこちら