奨学金制度案内

奨学金制度案内

横浜薬科大学では、本学で学びたいという強い意志を持った学生さんに対して、安心した学生生活を送っていただけるよう、様々な経済的支援を行っております。

横浜薬科大学独自の奨学金制度

 本学では、昨今の厳しい経済状況のなかで学生が学業に注力するにあたって、経済的・精神的なサポートを行うことを目的とした、独自の貸与型奨学金「浜薬修学支援貸与基金」を設けています。

浜薬修学支援貸与基金

本学において、学習意欲をもった在学生に対して、修学継続に必要な学費の全部又は一部を貸与することにより当該学生を支援し、経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

  • (1)対象者:在学生
  • (2)貸与手続き:申し込みは在学生本人とし学費負担者の連帯保証が必要。
  • (3)基金貸与:年間に納付すべき学納金総額から貸与額分を減額控除する方法による。(直接支給はしない)
  • (4)貸与期間:当該年度の1ヶ年とする。(更新可)
  • (5)利息:無利息貸与とする
  • (6)貸与基金の返還方法:貸与総額を卒業年度の翌年度4月から本学指定の銀行口座に振り込み開始。(分割可)
  • (7)基金に関する問い合わせ先:学生課 045-859-1325(直通)
特待生・特別奨学生

本学で学びたいという強い意志を持った学生さんに対して、独自の奨学金制度を設定し、学生生活をより充実できるように様々な経済的支援を行っています。

特待生S・特待生A・特待生B・特別奨学生

  • 1 学業成績・人物ともに優秀な学生に対し、薬剤師国家試験に向けて入学後の学業を奨励することを目的とするもの。
  • 2 昨今の経済情勢等に鑑み、学業に専念できる環境を整えるよう経済面をサポートすることを目的とするもの。
  • 3 免除された学納金(授業料)の返還義務は一切ありません。
  • ※ 2年次以降は前年度の学業成績、出席状況等の勉学状況を審査いたしますが、特に問題がない限り、継続して適用されます。
  • (1)対象者 :新入生
  • (2)減免期間:減免学年進行上問題がなければ6年間継続
  • (3)採用条件:本学が実施する入学試験における成績優秀合格者の条件に適合した者
  • (4)応募条件:本学の建学の精神及び教育理念を十分に理解して薬学を学び、将来、立派な薬剤師になることを熱望する者、入学試験の出願資格を満たす者
  • ※特待生・特別奨学生について詳しくは こちら
日本学生支援機構奨学金

 経済的理由により高等教育機関への進学を諦めることのないよう学生を支援することを目的に実施している国の奨学金制度です。
主として政府からの借入金と卒業生からの返還金によって運営されており、多くの学生が支援を受けています。

貸与奨学金
  第一種 第二種
返還利息 無利子 有利子
貸与月額 自宅通学 5.4 万円、4~2 万円まで
(1 万円単位)で選択
12 万円~2 万円(1万円単位)の中から選択
*薬学過程は、プラス2 万円の増額が認められています
自宅外通学 6.4 万円、5~2 万円まで
(1 万円単位)で選択
選考 主に収入・学力による基準
*申込方法
予約採用:高校等にて詳細についてご確認ください。
在学採用:4月のガイダンス時の申し込み説明会において案内します。学生は参加が必要になります。
緊急応急:家計の急変に応じて随時対応します。
  入学時特別増額貸与奨学金
一時金 50 万円、40 万円、30 万円、20 万円、10 万円より選択
*入学時の諸費用負担を補うことを目的として、初回の奨学金振込時に増額し貸与されます。日本政策金融金庫の融資を受けられなかった世帯の学生が対象です。
給付奨学金

下記『高等教育の修学支援新制度』欄をご覧ください。

高等教育の修学支援新制度

 横浜薬科大学は、2020年度より開始される国による高等教育の修学支援新 制度の対象校となりました。対象になった方は、給付型の奨学金・授業料の減免を受けることができます。

区分 給付型奨学金 授業料減免 入学金
自宅通学 自宅外通学
第一区分 459,600 円 909,600 円 70 万円 26 万円
第一区分 第一区分の 2/3
第一区分 第一区分の 1/3
*申込方法
約採用:高校等にて詳細についてご確認ください。
在学採用:年2回(4月・9月)ガイダンス時の申し込み説明会にて案内します。希望する学生は参加が必要になります。
緊急採用:家計急変に応じて随時対応します。
  • *入学金の減免は入学時のみです。 給付型奨学金・授業料減免は年額となります。
  • *1 年ごとに区分の見直しがあります。
  • *対象区分は、世帯の収入金額が基準になります。その他詳細は下記にてご確認ください。

 

地方自治体や民間機関・団体の奨学金制度

地方公共団体、民間育英団体により奨学金制度が設けられている場合があります。 大学を通じて募集依頼があった場合は、その都度、掲示板で連絡いたします。

【地方公共団体】: 横浜市身体障害者奨学金(給付)21,000円以内/月
【社・財団法人・企業】: あしなが育英会(貸与)一般40,000円/月 特別50,000円/月
交通遺児育英会(貸与)40,000円/月、50,000円/月、60,000円/月
(各種教育ローンの 紹介はこちら

 

〈奨学金に関するお問合せ先〉学生課 045-859-1325(直通)