教員紹介

小出 彰宏
Koide Akihiro

所属・肩書

臨床薬学科/レギュラトリーサイエンス研究室 (教授)

最終学歴

岐阜薬科大学大学院 薬学研究科修士課程修了

取得学位

博士(薬学) 岐阜薬科大学

現在の専門分野

社会薬学、レギュラトリーサイエンス、学校保健

現在の研究課題

●学校薬剤師による学校環境衛生活動及び保健教育に関する研究
●薬剤師の地域貢献に関する研究
●医薬品・医療機器の適正使用に関する研究
●医薬品・医療機器の開発及び承認審査における評価に関する研究

主要研究業績

●学校における保健教育(医薬品に関する教育、喫煙・飲酒・薬物乱用防止教育、メディアリテラシー等)及び保健管理(学校環境衛生活動等)に関する研究
●医薬品・医療機器の開発及び承認審査における評価に関する研究
●生活習慣の実験発癌修飾作用における代謝活性化の役割に関する研究

最近の研究業績

1.効果的な喫煙、飲酒、薬物乱用防止教育を進めるために, 教育時報. 6, 4-7 (2022)
2.「正しく感染症を理解するために 指導資料の積極的な活用を」, 教育新聞, 11月15日記事(感染症対策特集) (2021)
3.「感染症拡大防止のための留意点について 換気は可能な限り常時実施を」, 教育新聞, 11月16日記事(感染症対策特集) (2020)
4.幼稚園・幼保連携型認定こども園における学校環境衛生活動の認識, 日本薬剤師会雑誌, 1月号, 学薬のページ (2020)
5.「感染症の発生・まん延防止のために」, 教育新聞, 11月18日記事(感染症対策特集) (2019)
6.学校における環境衛生活動, 学校保健, 第336号, 2-3 (2019)
7.学校環境衛生基準の一部改正と学校環境衛生管理マニュアルの改訂, 岩手県薬剤師会雑誌イートハーブ, 4月号 (2018)
8.学校環境衛生基準の改正について(後編), 日本薬剤師会雑誌, 5月号, 学薬のページ (2018)
9.学校環境衛生基準の改正について(前編), 日本薬剤師会雑誌, 4月号, 学薬のページ (2018)
10 .「感染症の拡大を防ぐ学校環境衛生に配慮を」, 教育新聞, 11月15日記事(感染症対策特集) (2018)
11.学校環境衛生基準に基づく環境衛生活動の重要性, 学校保健研究, 60, 5, 267, 巻頭言 (2018)
12.学校環境衛生基準の一部改正について, ファルマシア, 54, 9, 889-890 (2018)
13.学校プールの衛生・安全, 生活と環境, 62, 6, 14-18 (2017)
14.学校環境衛生検査及び学校環境衛生基準に関する2つの「声」, 日本薬剤師会雑誌, 3月号, 学薬のページ (2017)
15.「感染症を拡大させないために」, 教育新聞、11月16日記事(感染症特集)(2017)
16.「日常対策以外の予防」, 教育新聞, 11月17日記事(感染症特集) (2016)
17.学校保健安全法において学校薬剤師に求められたこと, 日本薬剤師会雑誌, 2月号, 学薬のページ, (2016)
18.学校保健における医薬品教育, 学校保健研究, 58, 5, 269, 巻頭言 (2016)
19.医薬品・医療機器の承認審査におけるレギュラトリーサイエンス, 小出彰宏, 薬学雑誌, 136, 4, 557-562 (2016)
20.The enhancing effect of ethanol on the mutagenic activation of N-nitrosomethylbenzylamine by cytochrome P450 2A in the rat oesophagus., Tatematsu K, Koide A, Morimura K, Fukushima S, Mori Y., Mutagenesis, 28, 161-9 (2013)
21.Effect of cigarette smoke on mutagenic activation of environmental carcinogens by cytochrome P450 2A8 and inactivation by glucuronidation in hamster liver., Tatematsu K, Koide A, Hirose M, Nishikawa A, Mori Y., Mutagenesis, 26, 323-30 (2011)
22.Modification by curcumin of mutagenic activation of carcinogenic N-nitrosamines by extrahepatic cytochromes P-450 2B1 and 2E1 in rats., Mori Y, Tatematsu K, Koide A, Sugie S, Tanaka T, Mori H., Cancer Sci, 97, 896-904 (2006)
23.Effects of α-naphthyl isothiocyanate and a heterocyclic amine, PhIP, on cytochrome P-450, mutagenic activation of various carcinogens and glucuronidation in rat liver., Mori Y, Koide A, Tatematsu K, Sugie S, Mori H., Mutagenesis, 20, 15-22 (2005)
24.Differences in susceptibility to N-butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitrosamine-Induced urinary bladder carcinogenesis between SD/gShi rats with spontaneous hypospermatogenesis and SD/cShi rats with spontaneous hydronephrosis., Murai T, Mori Y, Tatematsu K, Koide A, Hagiwara A, Makino S, Mori S, Wanibuchi H, Fukushima S., Cancer Sci., 96, 637-44 (2005)
25.Effect of α-naphthyl isothiocyanate on 2-amino-3-methylimidazo[4,5-b]pyridine (PhIP)-induced mammary carcinogenesis in rats., Sugie S, Ohnishi M, Ushida J, Yamamoto T, Hara A, Koide A, Mori Y, Kohno H, Suzuki R, Tanaka T, Wakabayashi K, Mori H., Int. J. Cancer, 115, 346-350 (2005)
26.イソチオシアネートとクルクミンによるラットにおける乳腺と食道抗発がん作用と代謝活性化, 森 幸雄・立松 憲次郎・小出彰宏・杉江 茂幸・田中 卓二・森 秀樹, 環境変異原研究、26, 221-231 (2004)
27.Promoting Effect of Sodium L-Ascorbate on N-Butyl-N-(4-hydroxybutyl) nitrosamine-induced Renal Pelvic Carcinogenesis in SD/cShi Rats of Both Sexes., Murai T, Koide A, Miyauchi H, Inoue S, Maruyama T, Makino S, Mori S, Wanibichi H, Mori Y and Fukushima S., J. Toxicol. Pathol., 16, 231-236 (2003)
28.Effects of cigarette smoke and a heterocyclic amine, MeIQx on cytochrome P-450, mutagenic activation of various carcinogens and glucuronidation in rat liver., Mori Y, Koide A, Kobayashi Y, Furukawa F, Hirose M, Nishikawa A., Mutagenesis, 18, 87-93 (2003)
29.Effect of ethanol treatment on metabolic activation and detoxification of esophagus carcinogenic N-nitrosamines in rat liver., Mori Y, Koide A, Kobayashi Y, Morimura K, Kaneko M, Fukushima S., Mutagenesis, 17, 251-256 (2002)
30.Weak enhancing effects of simultaneous ethanol administration on chemically induced rat esophageal tumorigenesis., Kaneko M, Morimura K, Nishikawa T, Wanibuchi H, Osugi H, Kinoshita H, Koide A, Mori Y, Fukishima S., Oncol. Rep., 9, 1069-1073 (2002)
31.Enhancement by Cigarette Smoke Eexposure of 2-Amino-3,8-dimethylimidazo[4,5-f]quinoxaline-induced Rat Hepatocarcinogenesis in Close Association with Elevation of Hepatic CYP1A2., Nishikawa A, Furukawa F, Miyauchi M, Son HY, Okazaki K, Koide A, Mori Y, Hirose M., Jpn J. Cancer Res., 93, 24-31 (2002)
32.N-benzylimidazole for preparation of S9 fraction with multi-induction of metabolizing enzymes in short-term genotoxicity assays., Mori Y, Koide A, Fuwa K, Kobayashi Y., Mutagenesis, 16, 479-486 (2001)
33.Lack of change in the levels of liver and kidney cytochrome P-450 isozymes in p53(+/-) knockout mice treated with N-butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitrosamine., Mori Y, Koide A, Fuwa K, Wanibuchi H and Fukushima S., Mutagenesis, 16, 377-383 (2001)
34.Differences Among Three Sister Strains of NON/Shi Mice in Sensitivity to Urinary Tract Carcinogenesis by N-Butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitrosamine., Murai T, Mori S, Hosono M, Iwakura Y, Oohara T, Makino S, Takeda R, Koide A, Mori Y, Wanibuchi H, Fukushima S., J. Toxicol. Pathol., 13, 225-229 (2000)
35.Effect of cigarette smoke on the mutagenic activation of environmental carcinogens by rodent liver., Koide A, Fuwa K, Furukawa F, Hirose M, Nishikawa A, Mori Y., Mutat Res, 428, 165-176 (1999)
36.High Susceptibility of p53(+/-) Knockout Mice in N-Butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitrosamine Urinary Bladder Carcinogenesis and Lack of Frequent Mutation in Residual Allele., Ozaki K, Sukata T, Yamamoto S, Uwagawa S, Seki T, Kawasaki H, Yoshitake A, Wanibuchi H, Koide A, Mori Y, Fukushima S., Cancer Res., 58,3806-3811 (1998)
37.喫煙による実験膵発癌抑制の作用機序, 森 幸雄・小出彰宏・古川文夫・西川秋佳・高橋道人, 環境変異原研究、19, 163-170 (1997)
38.2-Aminoanthracene, 1,2-dimethyl-hydrazine及び膵発癌性N-ニトロソ化合物に対する胆汁酸の助変異原性, 森 幸雄・高橋みどり・飯村和徳・堅田充宏・小出彰宏・小西陽一, 環境変異原研究、18, 117-124 (1996)

受賞

日本環境変異原学会 第28回大会 ベストプレゼンテーションOxford University Press賞

著書及び総説

著書および総説
1.小出彰宏、『学校保健の動向 令和3年度版』、「第Ⅱ章 1.学校環境衛生」、公益財団法人日本学校保健会 (2021) 
2.小出彰宏、『学校保健の動向 令和2年度版』、「特集Ⅰ.新型コロナウイルス感染症流行と学校保健」、公益財団法人日本学校保健会 (2020)
3.小出彰宏、『養護教諭-毎日の執務とその工夫-』(追補第79~80号)、「第3章-4 学校環境衛生活動と養護教諭」、養護教諭実務研究会 (編集)、第一法規出版 (2020年) 、
4.小出彰宏、『養護教諭 知っておきたい保健と教育のキーワード』(追補第120~121号)、「薬物乱用防止に関する指導」及び「医薬品に関する指導」、養護教諭実務研究会(編集)、第一法規出版 (2020)
5.小出彰宏、『新訂版学校保健実務必携 第5次改訂版』、「第3章 学校環境衛生」、「第11章 環境教育」、「第12章 喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する教育」及び「第13章 医薬品に関する教育」、 学校保健・安全実務研究会編著、第一法規出版 (2020) 
6.小出彰宏、『新教育課題の要点と実践』、「薬物乱用防止教育」、第一法規  (2019)
7.小出彰宏、『学校保健の動向 令和元年度版』、「第Ⅱ章 1.学校環境衛生」、公益財団法人日本学校保健会 (2019)
8.小出彰宏、『学校保健の動向 平成30年度版』、「特集Ⅱ.学校環境衛生基準の一部改正について」、公益財団法人日本学校保健会 (2018)
9.小出彰宏、『学校保健の動向 平成29年度版』、「第Ⅱ章 1.学校環境衛生」、公益財団法人日本学校保健会 (2017)

文部科学省担当者として作成に関与した教材等
1.学校における感染症対策実践事例集, 公益財団法人日本学校保健会 (2022)
2.喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料-高等学校編- 令和3年度改訂, 公益財団法人日本学校保健会 (2022)
3.喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料-中学校編- 令和2年度改訂, 公益財団法人日本学校保健会 (2021)
4.メディアリテラシーと健康行動に関する調査委員会報告書, 公益財団法人日本学校保健会 (2021)
5.「行動嗜癖を知っていますか?」ギャンブル等にのめり込まないために, 文部科学省 (2020)
6.学校給食の衛生管理における学校薬剤師の役割 検査票から見る確認ポイント(DVD),公益財団法人日本学校保健会 (2020)
7.喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導参考資料-小学校編- 令和元年度改訂, 公益財団法人日本学校保健会 (2020)
8.生徒の心と体を守るための指導参考資料『「ギャンブル等依存症」などを予防するために』, 文部科学省 (2019)
9.興味をもって取り組める医薬品の教育 小・中・高等学校での実践事例集, 公益財団法人日本学校保健会 (2019)
10.学校環境衛生管理マニュアル「学校環境衛生基準」の理論と実践 平成30年度改訂版,文部科学省 (2018)
11.くすりは正しく使ってこそくすり!, 公益社団法人日本薬剤師会学校薬剤師部会 一般社団法人くすりの適正使用協議会 (2017)
12.高校生に知ってほしい飲酒のリスク~なぜ?なくならないイッキ飲み~, 公益財団法人日本学校保健会 (2017)
13.学校薬剤師支援資料学校薬剤師の役割と責任~学校薬剤師の活動を知ろう~(DVD),公益財団法人日本学校保健会,(2016)
14.学校における水泳プールの保健衛生管理 平成28年改訂版, 公益財団法人日本学校保健会, (2016)

入試情報 ADMISSION