教員紹介

梅田 知伸
Umeda Tomonobu

所属・肩書

健康薬学科/放射線科学研究室(准教授)

最終学歴

昭和大学大学院薬学研究科博士後期課程中退

取得学位

博士(薬学) (昭和大学)

所属学会

日本薬学会、日本結晶学会、日本生化学会、日本蛋白質科学会

現在の専門分野

構造生物学

現在の研究課題

●熱帯熱マラリア原虫由来タンパク質群のX線結晶構造解析
●黄色ブドウ球菌由来タンパク質のX線結晶構造解析
●脂肪滴関連タンパク質のX線結晶構造解析

主要研究業績

●抗マラリア薬の開発を志向した熱帯熱マラリア原虫由来非メバロン酸経路関連酵素の結晶構造解析

最近の研究業績

1.Binding modes of reverse fosmidomycin analogs towards the antimalarial target IspC.
Konzuch, S ., Umeda, T., Held, J., Hähn, A., Brücher, K., Lienau, C., Behrendt, C., Gräwert, T., Bacher, A., Illarionov, B., Fischer, M., Mordmüller, B., Tanaka, N., & Kurz, T.
J. Med. Chem. 57, 8827-8838. (2014)

2.抗マラリア薬の開発を指向した構造生物学的研究
田中信忠、梅田知伸、日下部吉男、中西雅之、北出幸夫、中村和郎
薬学雑誌133, 527-537 (2013).

3.抗マラリア薬の開発を指向した熱帯熱マラリア原虫由来ホスミドマイシン標的酵素の結晶構造解析
梅田知伸、日下部吉男、田中信忠
日本結晶学会誌54, 107-112 (2012).

4.Molecular basis of fosmidomycin's action on the human malaria parasite Plasmodium falciparum.
Umeda, T., Tanaka, N., Kusakabe, Y., Nakanishi, M., Kitade, Y., & Nakamura, K.T.
Sci. Rep. 1:9 (2011).

5.Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of human autotaxin.
Inoue, K., Tanaka, N., Haga, A., Yamasaki, K., Umeda, T., Kusakabe, Y., Sakamoto, Y., Nonaka, T., Deyashiki, Y., &Nakamura, K. T.
Acta Cryst. F67, 450-453 (2011).

6.Crystallization and preliminary X-ray crystallographic study of 1-deoxy-D-xylulose 5-phosphate reductoisomerase from Plasmodium falciparum.
Umeda, T., Tanaka, N., Kusakabe, Y., Nakanishi, M., Kitade, Y., & Nakamura, K.T.Acta Cryst. F66, 330-332 (2010).

入試情報 ADMISSION