教員紹介

金 成俊
Kim SungJoon

所属・肩書

漢方薬学科/漢方治療学研究室(教授)

最終学歴

韓国慶煕大学校韓医科大学(6年制)
韓国慶煕大学校薬学大学

取得学位

博士(臨床薬学)(北里大学)

所属学会

日本東洋医学会、東亜医学協会、小児東洋医学会、和漢医薬学会 
薬学会、医療薬学会

現在の専門分野

漢方薬学、韓医学(韓国伝統医学)

現在の研究課題

セルフメディケイションにおける漢方薬の意義、古典における漢方薬の有用性の検討

主要研究業績

●漢方医療機関における受診患者の解析および漢方処方の調査・研究
●漢方薬の調剤時に発生する過誤に関する調査・研究
●漢方薬服用時に発生する問題点の解析および煎出に関する研究
●漢方薬の服薬指導に関する研究
●韓国の伝統医学に関する研究
●漢方古典医薬書から現代医療に有用な情報に関する研究

最近の研究業績

1.田子美佐子、金 成俊、五十鈴川和人、正村謙二:横浜薬科大学における入学直後の薬学生を対象とした漢方薬の意識調査-漢方薬学科・臨床薬学科・健康薬学科の比較-、Journal of Kampo medicine, 62, 793-804 (2015)

2.金 鍾元、渡辺賢治、金 成俊、全 修亨:慶應義塾大学医学部漢方医学センター外来患者を対象とした四象体質による体質分布、疾病及び症状類型に関する研究、Kampo Med Vol.65 N0.4 251-267(2014)

3.金 成俊:方剤成分の抽出に対する煎出条件の影響、薬局、Vol64.No11.2819-2823(2013)

4.金 成俊:韓国における伝統医療(韓医学)と伝統薬(韓薬)の副作用、漢方と最新治療、22(4)313-318(2013)

5.今津嘉宏、金 成俊、小田口浩、柳澤紘、崎山武志:80大学医学部における漢方教育の現況、Kampo Med Vol.63 N0.2 121-130(2012)

6.金 成俊:ISO/TC249に資するための伝統医学関連の用語・疾病分析・デバイス・安全性確保などの基盤整備研究「伝統的知識に関する国内外の機関に於ける理論と動向の包括的把握,(韓国伝統医学の現況)」.厚生科学労働研究費補助金(地域医療基礎開発推進研究事業)元雄班・平成22年度報告書,289-302(2011)

7.金 南一、金 成俊(翻訳):韓国韓医学の展開―学術流派の形成と発展.第2回日中韓医史 学会合同シンポジウム/論文集,4-16(2010)

8.安 相佑、金 成俊(翻訳):韓国医学形成の軌跡と『東医宝鑑』.第2回日中韓医史学会合同シンポジウム/論文集,17-27(2010)

9.姜 延錫,金 成俊(翻訳):「ベトナム伝用医学の軌跡」と「阮朝時代の医学について―韓国とベトナムの共通点―」.第2回日中韓医史学会合同シンポジウム/論文集,83-85(2010)

10.高際真奈未、金 成俊、石野尚吾、花輪壽彦:当研究所漢方外来における処方解析、 Kampo Medicine, Vol.60 No.1 49-60, 2009

11.Hiroshi Odaguchi, Akino Wakasugi, Hidenori Ito, Hisakazu Shoda, Yukari Gono, SungJoon Kim, Mari Endo, Tetsuroh Oikawa, Fumihiko Sakai, Toshihiko Hanawa: Statistical Analysis of the Findings in Patients Responded to Gosyuyuto, Kampo Medicine,58, 6, 1099-1105 (2007)

12.西郡秀文、金 成俊、坂田幸治、山田陽城、花輪壽彦:漢方処方の成人量と小児量の煎 出におけるエキス内容の比較、Kampo Medicine, 57, 37-44 (2006)

13.Sung-Joon Kim, Miyuki Mizusawa, Chiaki Ogata, Toshihiko Hanawa and Haruki Yamada:Examination of the Reasons for Discontinuance of Kampo Medicines (Japanese traditional herbal medicines) and How to Improve Continuance through Patient Instructions, Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, 31, 1004-1011, (2005)

14.金 成俊、中村恵子、緒方千秋、坂田幸治、山田陽城、花輪壽彦:北里研究所東洋医学総合研究所における初診患者の解析と医療への活用、Kampo Medicine, 56, 2, 287-293 (2005)

15.Sung-Joon Kim, Miyuki Mizusawa, Chiaki Ogata, Koji Sakata, Syogo Ishino, Toshihiko Hanawa Haruki Yamada:Risks in Dispending Kampo Medicines and Their Prevention、Kampo Medicine, 56,6, 797-803 (2005)

16.小林文子、金 成俊、緒方千秋、山田陽城、花輪壽彦:撲樕と土骨皮の来歴 Journal of Kampo medicine, 52, 613-626 (2005)

17.金 成俊、今野初子、緒方千秋、坂田幸治、山田陽城、花輪壽彦:漢方薬服用患者からの問い合わせの現況とその対応についての検討、Journal of Japanese society of Hospital Pharmacists, 40, 683-687 (2004)

18.金 成俊、松本司、清原寛章、早崎知幸、村主明彦、花輪壽彦、山田陽城:薬学生による漢方医学教育の評価、Journal of Traditional Medicines. 21, 241-249 (2004)

19.金 成俊、小曽戸洋、真柳誠、山田陽城、永井由香:古方における調整法の整理・分類(第1報:煎出方法), Journal of Kampo medicine, 48, 1205-1217 (2001)

20.金 成俊、小曽戸洋、真柳誠、山田陽城、永井由香:古方における調整法の整理・分類 (第2報:散・丸・外用剤の調製方法と全方剤の服用方法), Journal of Kampo medicine, 48, 1338-1352 (2001)

21.坂田幸治、金 成俊、山田陽城:市販ミネラルウォーターが漢方薬の煎出に及ぼす影響、Kampo Medicine, 51,2, 225-232 (2000)

22.金 成俊、緒方千秋、坂田幸治、伊藤正恵、武樋初子、鈴木由美子、西郡秀文、本間 文子、水澤深雪、文珠秀美、山田陽城:漢方薬局実習の意義、Journal of Japanese society of Hospital Pharmacists, 36, 71-74 (2000)

23.渡辺賢治、金 成俊、鈴木邦彦、村主明彦、丁 宗鐵、山田陽城、岡 利幸、花輪壽彦:乳児皮疹に対する経母乳的漢方治療、Kampo Medicine, 49, 851-858 (1999)

24.金 成俊、山田陽城:カオリンによる生薬の呈色とそれの判別試験への応用、Kampo Medicine, 50, 29-35 (1999)

25.金 成俊、緒方千秋、小宮敬子、山田陽城:漢方薬煎出液の味覚に関する検討、Kampo Medicine, 46, 21-37 (1995)

26.金 成俊、小宮敬子、北野真里、岩浪 登、山田陽城:漢方煎剤の煎出条件の検討、 Kampo Medicine, 41,215-225 (1991)

受賞

●第6回東亜医学協会漢方研究奨励賞(古方における調剤方法の整理・分類)
●第21回日本東洋医学会奨励賞(東洋医学の臨床における薬学分野の教育・啓蒙)

著書及び総説

1.漢方医療薬学の基礎(共著) 広川書店(2011改訂第2版)

2.基礎からの漢方薬 薬事日報(2014改訂第3版第2刷)

3.薬学生のための漢方医薬学(共同編著) 南江堂(2017改訂第3版)

4.スキルアップのための漢方相談ガイド(分担執筆) 南山堂(2012)

入試情報 ADMISSION