教員紹介

岡田 賢二
Okada Kenji

所属・肩書

臨床薬学科/臨床薬理学研究室、薬科学科/臨床解析学研究室、実務実習センター(准教授)

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科 博士前期課程(薬剤学専攻)

取得学位

博士(薬学)

所属学会

日本薬学会, 日本医療薬学会, 日本TDM 学会, 日本化学療法学会 等

現在の専門分野

臨床薬剤学

現在の研究課題

●Therapeutic Drug Monitoringに関する研究
●光学異性体薬物の体内動態に関する研究

主要研究業績

2-アリールプロピオン酸誘導体の立体選択的抱合反応に関する研究

最近の研究業績

【2000年以降の原著論文】
●Okada K., Kanoh H., Mohri K., Effects of clofibric acid on the biliary excretion of benoxaprofen glucuronide and taurine conjugate in rats., Pharmazie, 66, 777-783, 2011.

●Kanoh H, Okada K, Mohri K., Identification of the UDP-glucuronosyltransferase responsible for bucolome N-glucuronide formation in rats., Pharmazie, 65(11), 840-844, 2010.

●Nakamura H, Sato T, Okada K, Miura G, Ariyoshi N, Nakazawa K, Kitada M, Population Pharmacokinetics of Oral Busulfan in Young Japanese Children Before Hematopoietic Stem Cell Transplantation, Ther Drug Monit, 30(1), 75-83, 2008.

●H. Nakamura, N. Ariyoshi, K. Okada, H. Nakasa, K. Nakazawa and M. Kitada, CYP1A1 Is a Major Enzyme Responsible for the Metabolism of Granisetron in Human Liver Microsomes, Current Drug Metabolism, 6(5), 469-480 , 2005.

●K. Mohri, K. Okada, L. Z. Benet, Stereoselective taurine conjugation of (R)-benoxaprofen enantiomer in rats: in vivo and in vitro studies using rat hepatic mitochondria and microsomes, Pharm Res., 22(1), 79-85, 2005.

●岡田賢二, 鈴木貴詞, 中村裕義, 石川 耕, 有吉範高, 中澤一純, 齋藤 康, 北田光一, 血液透析患者におけるアルベカシンの投与設計, TDM研究, 22(1), 27-33, 2005.

受賞

2006年「TDM研究」優秀論文賞

著書及び総説

●岡田賢二,木村俊美, 理解して出そう小児の検査―オーダー・手技・解釈 抗菌薬の治療モニタリング, 小児科診療, 76(増刊号), 240-246 , 診断と治療社, 2013.

●岡田賢二,木村俊美, 低栄養状態に留意すべき感染症の薬物療法 呼吸器感染症におけるPK/PDに基づく投与設計, 薬局,58(6),58-64,2007.

●岡田賢二 他(分担執筆), 佐川賢一/監・編, 今これだけは知っておきたい!小児のくすりQ&A ―安全・適正な小児の薬物治療にむけて-, じほう, 2006.

●岡田賢二 他(分担執筆), 石井公道 監修, 肝機能低下時の薬剤使用ガイドブック, じほう, 2004.

●岡田賢二,有吉範高, CYPが関与した相互作用のメカニズム, 薬局,54(11),3-12, 2003.

入試情報 ADMISSION