教員紹介

殿岡 恵子
Tonooka Keiko

所属・肩書

臨床薬学科/病態生理学研究室(准教授)

最終学歴

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 博士後期課程 修了

取得学位

博士(薬学) (長崎大学)

所属学会

日本薬学会

現在の専門分野

中毒学、分析化学、薬物動態学

現在の研究課題

●向精神薬の微量分析法開発と病態生理解析への応用
●生体試料中の生理機能関与因子の分析法開発と病態診断への応用

主要研究業績

化学発光試薬を用いた DNA 関連タンパク質の新規測定法の開発研究

最近の研究業績

1.Simultaneous determination for oxicam non-steroidal anti-inflammatory drugs in human serum by liquid-chromatography-tandem mass spectrometry, J.Shirako, M.Kawasaki, K.Komine, Y.Kunisue, M.Terada, C.Sasaki, W.Irie, C.Murakami, K.Tonooka, K.Tomobe and T.Shinozuka, Forens. Sci. Int., 227, 100-102 (2013)

2.Facile assay of telomerase activity utilizing a DNA-detectable chemiluminogenic reagent, K. Tonooka, T. Kabashima, T. Shibata, C. Tang, Z. Yu, and M. Kai, Anal. Sci. 24, 471-475 (2008).

3.Facile determination of DNA-binding nuclear factor-kappaB by chemiluminescence detection, K. Tonooka, T. Kabashima, M. Yamasuji and M. Kai, Analytical Biochemistry, 364, 30-36 (2007).

著書及び総説

1.殿岡恵子:(寺林進、藤井儀夫、小俣義明、梶原康宏 編), 第98回 薬剤師国家試験 解答・解説集- 2013, 横浜薬科大学 (2013). (分担執筆)

2.殿岡恵子:(梶原正宏、藤井儀夫、小俣義明、梶原康宏 編), 第97回 薬剤師国家試験 -解答・解説集- 2012, 横浜薬科大学 (2012). (分担執筆)

3.殿岡恵子:(野上靖純、梶原正宏、藤井儀夫、小俣義明、稲葉二朗、梶原康宏 編), 第96回 薬剤師国家試験 -新国家試験形式 解答・解説集- 2011, 横浜薬科大学 (2011). (分担執筆)

入試情報 ADMISSION