お知らせ

第66回日本薬学会関東支部大会での「優秀発表賞」受賞について


 第66回日本薬学会関東支部大会が、2022年9月17日(土)、本学を会場として「アフターコロナの時代をリードする薬学研究」をテーマに開催されました。
 大会では130件以上の口頭発表と190件以上のポスター発表の中から、本学学生が発表した以下の3件が「優秀発表賞」に選考されましたので紹介いたします。

口頭発表の部】

 テーマ  受 賞 学 生
 クラスターガウスニュートン法による
リナグリプチンの体内動態解析
 薬学専攻博士課程 
 臨床薬理学研究室
 (指導教員:千葉康司、吉門 崇) 
 中村亮さん


ポスター発表の部】

 テーマ  受 賞 学 生
 C.nardus由来のβ-citronellolの
HIV-1逆転写酵素(HIV-1 RT)に
対する阻害活性メカニズムの検討
 薬学専攻博士課程 
 漢方天然物化学研究室
 (指導教員:森 和也、榊原 巌)
 エティエンコチョレイオボスさん
 皮膚エラスターゼの発現および
活性制御機構の解析
 薬科学専攻博士前期課程 
 漢方薬物学研究室
 (指導教員:浅井 将)
 冨永ななみさん


★第66回日本薬学会関東支部の公式ホームページは こちら

2022.10.04
TOPICS
研究・社会連携

入試情報 ADMISSION