お知らせ

薬学教育センター 岡崎准教授が「ヘルスケアベンチャー大賞」でアイデア賞を受賞しました


 薬学教育センター 岡崎裕准教授が「第4回ヘルスケアベンチャー大賞」のファイナリストに選考され、アイデア賞(個人)を受賞しました。
 「ヘルスケアベンチャー大賞」は、超高齢化社会の中から、日本独自のイノベーションが起きることに期待し、日本抗加齢協会、日本抗加齢医学会で日本初のアンチエイジングヘルスケア領域のイノベーションを起こすことをサポートする目的で作られた賞です。
 スタートアップベンチャーを対象にするものと、個人を対象にするものと2つの分野で成り立っており、岡崎准教授は、「現代の"脈診"技術で健康日本創出に貢献するパーソナル脈波装置」をテーマに、「新開発高性能センサーとスマートフォンの組み合わせで橈骨脈波(手首脈)を測定解析し、独自アルゴリズムで動脈硬化度(血管年齢)や自律神経バランスを同時に評価できるパーソナル健康機器の実現を目指す。」研究により、書類審査、1次審査を経て、ファイナリストに選考され、個人分野でのアイデア賞受賞となりました。

岡崎准教授のコメント
 『今後さらに研究を進め、特に身近な人たちの健康増進に貢献していきたいと思います。個人、組織を問わずこの研究にご興味ご協力いただける方は是非お問い合わせください。』


※「第4回ヘルスケアベンチャー大賞」については こちら からご覧下さい。

2022.11.17
TOPICS
研究・社会連携

入試情報 ADMISSION