お知らせ

日本医療薬学会において、本学学生2名が優秀演題賞を受賞しました

2019-07-13

令和元年6月16(日)に帝京大学板橋キャンパスにて日本医療薬学会 第3回フレッシャーズ・カンファレンスが開催されました。

臨床薬学科6年生の志田 紗恵子さん(臨床薬理学研究室:千葉 康司主任教授)は、吉門 崇講師他の指導のもと「薬物速度論モデルを用いた非線形性薬物動態の解析」をテーマに研究成果を発表し、口頭発表の部門で優秀演題発表賞を受賞しました。

健康薬学科6年生の花岡 楓月さん(薬物治療学研究室:澤木 康平主任教授)は、田口 真穂講師他の指導のもと「高齢者における多剤併用が唾液分泌等の口腔内環境に及ぼす影響」をテーマに研究成果を発表し、ポスター発表の部門で優秀演題発表賞を受賞しました。

 

受賞を喜ぶ臨床薬学科6年生の志田 紗恵子さん(写真左)と健康薬学科6年生の花岡 楓月さん(写真右)