お知らせ

薬理学研究室の定本教授が香港浸会大学の国際シンポジウムで講演

2019-07-18

薬理学研究室の定本教授は、漢方薬物学研究室の喩准教授と共に香港浸会大学を訪問し6月30日「日本の薬学教育」について講演しました。香港浸会大学では11th Annual Meeting of Global University Network of Traditional Medicine(GUNTM)とThe 5th Forum(Hong Kong on the Development of Chinese Medicine cum)の定例会が開催されており、講演はこのシンポジウムの一環として行われました。

GUNTMは7つの大学が参加し、東アジアにおける伝統医学発展のために2009年5月に発足しました。

11回目にあたる今年度はマレーシア、中国、香港、韓国、オーストラリアなどの国が参加し、漢方に関する世界レベルの専門家との意見交換を含め、活発な学術交流が行われました。

 

シンポジウム主催者と記念撮影